SHINOBLOG

WEBデザイナーを目指す人向けブログ

仕事の内容 技術・能力

WEBデザイナーにコーディングスキルは必要か?求められるレベルは?

投稿日:


  • EBデザイナーにコーディングスキルは必要なの?
  • どれくらいのことができれば仕事になるの?

こんにちは、フリーランスWEBデザイナーのSHINOBUです。

これからWEBデザイナーになりたいと考えている人の中には、
「コーディングスキルって絶対に必要なの?」
と心配に思っている方も多いかもしれません。

そもそもコーディングとは何かがよくわからない、という方は「WEBデザイナーが言うコーディングとは?【言葉の定義がわからない】」をご覧ください。

この記事では、コーディングの必要性と、求められるレベル感について詳しく解説していきます。

では、さっそく本題へ!

これからWEBデザイナーになるならコーディングはできた方が良い

早速結論からお伝えすると、

絶対に必要ではない。
けど、これからWEBデザイナーになるならコーディングができた方が圧倒的に有利。

です。

コーディングに苦手意識を持っている人にとっては、出鼻をくじいてしまう結論かもしれません…。

もちろん、デザインワークだけで十分にやっているWEBデザイナーさんはたくさんいます。

ただそんな中でも「コーディングスキルはあった方が良い」と言う理由を、WEB(制作)業界の状況と合わせてお伝えしていきます。

理由①:急増しているWEBデザイナーの中で戦うため

なんとなくみなさんも感じているかもしれませんが、WEBデザイナーの数はどんどん増えています。
同業者が増える中で戦っていくには、カバー領域を少しでも広げておくのが無難です。
事実、就職の際にも、+αでコーディングスキルがあるかないかで成功率がそれなりに変わってきます。

圧倒的なデザイン力をつけてデザイン一本で勝負する、というのも一つの手ではありますが、リスクヘッジという意味でもコーディングスキルがあるに越したことはありません。

理由②:WEBサイトがより身近なものになった

WEBサイトは以前よりはるかに身近に感じられる存在になりました。
企業はもちろん、ブログなど個人のWEBサイト需要も増えてきています。

さらにデジタルマーケティング(WEBマーケ)全盛の時代なので、LPやバナーなど制作系の需要は増え続けいています。
企業勤めでも、フリーランスでも、コーディングができることによって対応できる案件は急増します

理由③:デザインワークとのセット案件がけっこう多い

これは少しフリーランスという立場での意見になります。

いくつか案件を受けてきた中で感じるのは、「デザインとコーディングをセットでお願いできることの気楽さ」を感じているお客さんは多いということです。
つまり、お客さんからすると、1つのところに制作をまるっとお願いできた方が楽だということです。

リアルな話、
「デザインならできますが、コーディングは別の所に頼んでください。」と言うよりも、
「デザインはもちろんやりますし、どうせならサイト立ち上げまでやりますよ?」
と提案した方が圧倒的に案件の獲得率が上がります。

少しゲスい話になりますが、セットで受ければ、デザインワーク単発の1.5〜1.7倍くらいの金額にはなります。

理由④:そもそもデザインワークのみでやっていくのは少しハードルが高い

デザインだけでやっていくには、それなりに実績が必要です。
一方、コーディングスキルが合わさることで、その「セット対応」自体に価値が生まれるため、デザイン力に求められるハードルは少し下がります(リアルな話)。

実際に、私がWEB制作未経験の状態で就活をしていた際、「デザインとコーディングの両方できる」というを部分を評価してくださった企業がいくつかありました。

仕事の間口は確実に広がる

就活の際には、こんな考え方ができます。

スキルのカバー領域が広いほど、より早い戦力化が期待され就職の成功率は上がる

すでに企業勤めされている方は、こんな可能性が大いにあります。

+αでコーディングが出来るようになれば、対応できる案件が増えて給料UP、もしくは昇格に直結する

フリーランスの人は、こんなメリットがありそうです。

スキルのカバー領域が広いほど、案件獲得の間口が広がり、いろんな角度から仕事をもらえるようになる

いずれにしろ、WEBデザイナーが急増しているとは言え、母数がまだまだ小さいので、需要がたくさんあります。
少しのスキルアップが、わかりやすくそのまま収入UPに直結します。

生理的に無理でない場合、学習をおすすめします。

WEBデザイナーに求められるコーディングのレベル感

これからコーディングを習得するという人が、実際の仕事に就くためには、どれくらいのレベル感が必要なのか?
具体的な話も踏まえてお話していきます。

未経験として就職するには

まず一つの指標となる「就職できるレベル」についてです。

デザイン性は置いておいて、WEBサイトを一人で1つ立ち上げることが出来たら、十分通用します。
ボリュームは5ページ程度の小さいものだとしても、トップページや下層ページなどのサイト内遷移を考慮したり、実際WEB上で正常に表示させるにどういった立ち上げの作業が必要なのか?など一通り経験したりするだけで、かなり大きな学びがあります。
「一通り」を自分でやってみたことがあれば、企業への就職に必要な最低限のスキルは身についていると言えます。

使う言語としては、最低限HTMLとCSSの2つ+αでJavaScriptを少し(jQueryのライブラリをいじれる程度でOK)できたら十分です。

実際に就職できたとしたら、仕事として行うコーディングの作業は以下のようなものになると思われます。

・サイト内のマイナー修正
・バナーの差し替え
・簡単な更新作業

案件としても、クライアントワークより、自社サイトの編集といった社内事が多いかもしれません。

そして月収に関しては、未経験スタート時点では18〜20万円が平均的な額になります。

初級者向けの教材については「WEBデザイナーが知っておくべき言語とその最短の勉強法」で紹介していますので合わせてご覧ください。

月収20〜25万円レベル

あくまで目安として、一つの例をお伝えします。

20〜25万円ということで、仕事の幅も少し増えているかもしれません。
先輩に都度教えてもらう初級レベルから、ある程度色々な作業を自分で完結できる中級レベルに上がるイメージです。

この時の仕事内容としては、

・ページあるいはサイト制作をまるっと主導する
・簡単なPHPでWordpressをカスタマイズするような案件も担当する

というイメージです。
先輩確認をいちいち挟まず、自分で作業を完結させるというような変化もありそうです。

月収30〜40万円レベル

これも目安の例としてお伝えします。

30〜40万レベルの時には年次も少し上がってきていたりして、人に教えられるようなレベル感になっています。
コーディングやプログラミングの制作作業で手を動かすだけでなく、プロジェクトリーダーとして案件を動かしていく主体になっているかもしれません

言語としては、HTMLやCSSはもちろん、JavaScriptやPHPもある程度できるようになっていると思われます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
結論は「コーディングはあった方が良い」ですが、戦い方はあくまで人それぞれのスタイルがあります。
自分の理想のWEBデザイナー像を思い描きながら、必要なスキルを習得していくのが良いかと思います。

また、収入とレベル感の相関は、あくまで一例です。
お金がある会社は、ものすごくハイレベルなWEBデザイナーでなくても、人手不足解消のために高収入を提示したりします。
逆に、給料が上がりにくい小さな制作会社などの場合、年数も長くスキルもハイレベルなのに、金額は新卒の頃と比べてあまり上がっていないというケースもあります。

これからコーディングの仕事をする場合は、自分のスキルレベルと市場の金額感を、両面でチェックしていく事をおすすめします。




comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ記事

プロフィール画像
 
SHINOBU

フリーランスのWEBデザイナー兼フロントエンドエンジニア。イラストレーター。
新卒は某ベンチャー営業職→半年間WEBを勉強→WEB制作会社入社→フリーランス転身。現在はIT大手のクリエイティブチームに所属しながら、プロジェクト単位で複数チームに参加。
4大卒で、デザインの勉強は25歳から。美大でもない、経験もない。そこから2年後フリーランスとしてスタートするまでのこと、そしてフリーになってからの色々なことを記録していきます。