SHINOBLOG

WEBデザイナーを目指す人向けブログ

WEBデザイナーになるには フリーランス

フリーランスのWEBデザイナーになるには?知っておきたいスタートまでの道筋

投稿日:2018年8月24日 更新日:

フリーランスのWEBデザイナーになるには?知っておきたいスタートまでの道筋

  • フリーって、そもそもどうやってスタートするの…?
  • 始めるなら、どんなタイミングがいいの…?

こんにちは、フリーランスWEBデザイナーのSHINOBUです。
この記事では、フリーランスになるまでの道のりで知っておきたいことを重点的にお伝えしていきます。

フリーランスとして仕事をしていく上で気になる「適正」に関しては、前回のフリーランスのWEBデザイナーになるには?気になる適正を確認で詳細に書いていますので、合わせてご覧ください。

読み終わった時には、フリーランスになるまでの道筋を具体的にイメージできるよう説明していきます!!

では、早速本題へ!!

やってみたいと思った時点で半分スタートを切っている。

これを読んでくださっている皆さんは、フリーランスについて検討されていることと思います。
現職からフリーへの転身を考えているということは、何か「理由」があるのだと思います。

なんとなく「フリーっていいな」と考えている方や、「フリーになるんだ!」と既に決意されている方、様々だと思います。

ただ、どうもイメージがわかない。
「どうやってスタートすればいいんだっけ…?」
「どのタイミングでスタートすればいいんだ…?」

初めてのことって、わからないことが多く、つい足踏みしてしまいますよね。
そうしているうちに、タイミングを逃してしまうことも…。
でも、私の肌感覚として、少しでも「フリーでやってみたいかも」と前向きに考えたことがある方は、遅かれ早かれ一度はフリーランスになるパターンが多いと感じています。

「やってみたい!」と一度は検討してみたものの、その道に進まなかった方は、不安要素やデメリットが勝ったんだと思います。
家族のこと、お金のこと、キャリアビジョンなど…人それぞれ状況は様々ですから、判断は難しいと思います。

ただ、「やってみたい!」と思って色々調べてみた時、少しでもやれる!と感じた人は、気持ちも状況もどんどんそっちの方向へ進んで行ったりします。

そして、「エイヤッ!」だとしても、「やってみたらすごくハマった」ということが多々あります。仮にハマらなかったとしても、経験という大切なものをゲットできます。

私もその一人です。
「うまくいった」なんて、まだまだ言えませんが、間違いなく良い経験ができています。
結果なんてあとから振り返ればいいんです。
とにかく初めてみて感じた「良さ」を、少しでも共有できるよう記事を書いています。
…偉そうに。すみません。

ちなみに、具体的なメリットデメリットは前回の「フリーランスのWEBデザイナーになるには?気になる適正を確認」で詳しく書いているので、参考にどうぞ。

フリーランスになるまでの具体的な道筋とタイミング

では、具体的な話に移っていきます。

まずは「理由」の確認から

フリーランスに転身する際、改めて確認しておきたいことがあります。
それは、現職からわざわざ乗り換える「理由」です。
理由と言っても、立派なものである必要はありません。
例えば、

  • 自由に働きたい!
  • もう会社員やりたくない。
  • フリーってかっこよくない?
  • 自分の名前で仕事したい!

なんでもいいと思います。
自分自身を納得させられる理由をしっかり持っておくと、フリーとして活動していく際のエネルギーになります。
例えば「フリーになったはいいけど、めっちゃ辛いな…。でも、あの会社員時代に戻る方がもっとしんどいか!!」となれば再度エンジンがかかります。極端な例ですが。

どんな時も、その「理由」を思い出せば、今の状況をありがたく思えたり、やる気が湧いてきたりします

「最初の仕事」はイメージできるか

「理由」がしっかりと整理できたところで、次に考えるべきは「最初の仕事」です。
これは少しシビアな話になります…。

仕事に望む姿勢として、「エイヤッ!」のスタンスは、基本的に大賛成です。
ただし、ここで気をつけたいのは「何のイメージもないままとりあえず会社を辞める」ということです。
なぜかというと、目の前の生活費を稼ぐために、手段を選ばなくなっていく危険性があるからです。

わかりやすい例が「関係ないバイトを始める」です。
とりあえず生活資金を捻出するために、本来やりたい仕事には直結しないであろう「とりあえずのバイト」をすることが多々あります。
否定はしませんが、あまり賛成はできません。

というのも、フリーランスとして仕事をしていくということは、「専門分野をどんどん尖らせていく」ということです。どれだけ勉強しても足りないくらいです。
にも関わらず「とりあえずのバイト」に時間を割いてしまうと、本業を磨く時間がありません。ライバルは、自分を尻目にどんどん前に進んでいきます。

そうならないために「最初の仕事」は具体的に考えておくのが良いと思います。
仕事と言っても、気張ったものでなくても良いと思います。

  • フリー向けの案件紹介サービスに登録して、アテを見つけておく。
    (参考→レバテックフリーランス
  • 見習いで入れてくれそうなデザイン事務所でバイトする。
  • 知人(例えばカメラマン)のポートフォリオサイトを作る。
  • クラウドソーシングの案件に応募しまくる(あまりオススメしませんが)。
    (参考→CrowdWorks

などなど。

私の場合は、自分が通っていたスクールで講師のお手伝いをしながら、フリー案件を増やしていこうと考えていました。PhotoshopやIllustratorなどを教えるアレです。
結果的に、その前に個人として契約してもらえる会社に出会えたため、スクールのお手伝いはしませんでした。そして、その契約が会社を辞める決め手になりました。

タイミングはいつでも同じ

準備や心構えはさておき、タイミングはいつがベストなのか。

それは、「始めてみよう!」と思えた時です。それがスタートです。
(…当たり前じゃん)
しかし、当たり前にも関わらず、多くの人は「やってみよう!」と感じた時、「いや、でも待てよ」とリスクについて同時に確認します。そこで一度立ち止まります。
立ち止まった瞬間、リスクの多さに熱が冷めてしまう。

それは賢明な判断かもしれないし、チャンスを逃すもったいない判断かもしれません
やってみないことには、結果は確認できません。

「いけるかも!」と感じたら、「やれると思った理由」を並べてポジティブな武装をすることも、時には大事です。この際、根拠のない自信でも良いと思います!!!
(あくまで、躊躇している方に向けたメッセージですが)

とは言え、精神論だけでは不十分なので、具体的な話をします。
「いける」という気持ちのもと、粛々と準備を進めます。
先ほどの「最初の仕事」が自分の中で明確になったら、面談に行くなり、営業活動をするなり、契約を進めるなり、必要な手続きを取ります。
現職の忙しい合間を縫って、なんとか進めましょう…!!

中でも「知人の紹介」は良い方法だと思います。
知り合いでWEB関係の仕事をしていそうな人に連絡を取ってみる、など。
WEBデザイナーは、フリーランスも意外に求められています。
知人のツテには限りがありますが、そこから広がって行くことも少なくないですし、何より安心感があると思います。

また、最初の仕事をゲットする際に役に立つ考え方があります。
それは「健全なハッタリならどんどんかます」というものです。
※注:健全じゃないとダメです
今現在はスキルがないとしても、勉強したらできそうなことは「できます」と言ってしまって良いと思います。着地点が合えば、オールOKです。

そして実際に仕事をいただけるような状況になったら、あとはスケジュールを考えて退職準備を整えます。そしてスムーズにフリーランスへ移行していく、という流れです。

まとめ:気構えの必要はなし。強い気持ちを持って。

まとめます。

無鉄砲はダメ。でも考えすぎず!!やれると思ったら今から動き始める。

結論、精神論多めの記事でしたね…
しかし、何事もスタートは気持ちと勢いが大事だったりします。
見切り発車にならない程度に計画を考えたら、あとは行動する中で状況が動いていったりします。強い気持ちがあれば、話はどんどん前に転がっていきます!!

繰り返しになりますが、鉄は熱いうちに打ちましょう!!!
どんなに小さくても、まずは一歩目のアクションを!!そこから考えていきましょう!!
以下、参考までに。

最後に、リクルートの創業者である江副浩正氏のあの言葉でお別れです。

「自ら機会を創り出し、機会によって自らを変えよ。」

言いたいだけ。




  1. […] 、予想以上にボリューミーになってしまったので、続きは以下の記事で具体的にお話していきます…!! →フリーランスのWEBデザイナーになるには?知っておきたいスタートまでの道筋 […]

  2. […] にどうぞ。 →フリーランスのWEBデザイナーになるには?知っておきたいスタートまでの道筋 […]

  3. […] にどうぞ。 →フリーランスのWEBデザイナーになるには?知っておきたいスタートまでの道筋 […]

  4. […] 、予想以上にボリューミーになってしまったので、続きは以下の記事で具体的にお話していきます…!! →フリーランスのWEBデザイナーになるには?知っておきたいスタートまでの道筋 […]

  5. […] 。 →フリーランスのWEBデザイナーになるには?知っておきたいスタートまでの道筋 […]

  6. […] 。 →フリーランスのWEBデザイナーになるには?知っておきたいスタートまでの道筋 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ記事

プロフィール画像
 
SHINOBU

フリーランスのWEBデザイナー兼フロントエンドエンジニア。イラストレーター。
新卒は某ベンチャー営業職→半年間WEBを勉強→WEB制作会社入社→フリーランス転身。現在はIT大手のクリエイティブチームに所属しながら、プロジェクト単位で複数チームに参加。
4大卒で、デザインの勉強は25歳から。美大でもない、経験もない。そこから2年後フリーランスとしてスタートするまでのこと、そしてフリーになってからの色々なことを記録していきます。