SHINOBLOG

WEBデザイナーを目指す人向けブログ

WEBデザイナーになるには ソフト・ツール

未経験からWEBデザイナーになるには?まずは〇〇をマスターするだけでOK?!

投稿日:2018年8月20日 更新日:

未経験からWEBデザイナーになるには?まずは〇〇をマスターするだけでOK?!

  • WEBデザイナーをやりたい!けど、未経験でも出来るのかな…
  • WEBデザイナーになりたいけど美大とか出てないし、なり方もわからない…
  • WEBデザイナーって、そもそもどんな仕事するの…?

読み終わった時には、仕事内容や、WEBデザイナーになるための道筋を、以前より具体的にイメージ出来るように説明をしていきます!

私についてですが、現在は某大手企業のクリエイティブチーム(WEBデザイン職)でフリーランスとして仕事をしています。
私は、美大も出ていなければ、新卒時にはベンチャー企業の営業職をしていました。
なので、「未経験→WEBデザイナー転身」に関しては、説得力を持って語れると自負しています。

それでは、早速本題へ!!!

WEBデザイナーになるにはまずデザインツールをマスターするだけでOK

早速タイトルがそのまま結論ですが、改めて。
仕事で使うデザインツールをマスターする。それから企業やデザイン事務所にひたすら応募する。

これに尽きます。

「当たり前だろ」と言われそうですが、道筋は他の仕事と何も変わりません。
最低限のスキルを身につけたら、あとは「実践の場に立てる機会をひたすら探す」というのが最も現実的です。

それはわかったけど、具体的にまずどうしたら良いの?わからないことが多すぎる…

という方のために、「スタート地点で感じる悩み」や「そもそもWEBデザイナーの仕事って?」という疑問について、順を追って解消していきます!
※少しじっくり書きますので、当てはまるものを読んでいただければOKです!!

▼よくある疑問と悩み
年齢の制限はあるの?学歴はやっぱり必要…?
何をどう勉強していけば良いのか、よくわからない…
必要なスキルはどれくらいの期間で身につくの?お金はかかる?
どんなことができれば仕事になるの?
デザイナーって、給料はどうなの?
どういう仕事からスタートするの?
WEBデザイナーって、将来性はどうなの?

これらの疑問や不安さえ解消できれば、あとはやる気に任せて突き進むだけです。

① 年齢の制限はあるの?学歴はやっぱり必要…?

A. 基本的にありません。ご心配なく!!
極端に言えば、年齢制限はあってないようなものです。業界内を見た実感として、学歴も全く関係ありません!ちなみに職歴もほとんど関係ありません。
過去より「これからどうなって行くのか」という前向きな姿勢のが圧倒的に大事になると感じます!

② 何をどう勉強していけば良いのか、よくわからない…

A. 勉強すべきものは、デザイン作業に使う「ソフト」です。
代表的なソフトは、Adobe社の「Photoshop」や「Illustrator」などが挙げられます。他にも諸々ありますが、最初にマジョリティであるこれらをマスターすれば問題ありません。
「勉強ってソフトだけで良いの?!」と思われるかもしれませんが、極端に言えば、最低限ソフトを十分に使えさえすれば、仕事はできる段階にいます
なぜかというと、WEBデザインの知識やセオリー、デザインセンスと言ったものは、一朝一夕で身につくものでなく、仕事(実践)をこなしながらある程度の時間をかけて、どんどん習得していくものだからです。なので、ソフトが使えるようになったら、どんどん実践していきましょう!!
そして「どう勉強していけば良いか」については、人それぞれ相性の良い方法がありそうです。大まかに以下の4つだと思います。

  1. オンラインスクール(またはセミナー)
  2. 大学・専門学校(大学はソフトを勉強する訳ではないですが)
  3. 職業訓練校(ハローワーク提携スクール)
  4. 独学(自分で、もしくは友人に聞くなど)

私の場合は、新卒の会社を辞めたタイミングで「3.職業訓練校」に通い始めました。
これは、ハローワークの斡旋ということもあり、半年間の受講にも関わらず、かなりの低額で通うことができます。時間を作れる方でなければ難しいですが、あまりお金をかけたくない方にはオススメです!詳しくは、以下の記事で全て書いていますので参考にどうぞ。
【経験談】職業訓練校でWEBデザインを学ぶメリットとデメリット、徹底解説!

正直に言いますと、上記のソフトは決して簡単ではありません。
なので、勉強方法はけっこう重要になってきます。詳細はまた別の記事でじっくり説明します!
1〜4の各詳細については、「勉強方法の徹底比較」で説明しますので、少々お待ちください!

③ 必要なスキルはどれくらいの期間で身につくの?お金はかかる?

A. 短期集中で早くて1〜2ヶ月、日常の+αなら半年もあればいけます!
人それぞれ向き合える時間や、得意不得意には差がありますので、期間にはバラツキが出ると思われます。
実際に私が在籍していたクラス内でも個人差がありました。
早い人は2ヶ月の時点で、ある程度の見た目のWEBサイトを1つ作れるくらいになっていました。気が乗らなかった人は、途中で諦めるケースも…。

一つ感じたこととして、「楽しい」と思える人は期間など関係なくどんどん進めていけます!!
私の周りには、仕事をしながらプライベートの空いた時間で勉強を進め、プロになった方もたくさんいます。なので、普段忙しい方も、ゆっくり焦らず着実に進めていけば、必ずマスターできますのでご安心を!!!ただ、ある程度、目標期間を設定した上で取り組まれることをおすすめします!!

そして、かかるお金は大きく2種類です。

  1. ソフト導入費(先述のデザインツール)
  2. 学費(独学なら書籍代など、学校にいくなら授業料など)

これらも、様々なパターンがあり具体的な金額まで書ききれないので、「勉強するために必要なお金のこと」で詳しく紹介します…少々お待ちください!

少し説明すると、ソフトは無料でお試しできるものがあったり、勉強は書籍だけでマスターできたりもするので、極限まで費用を抑えることは可能です。
一方、しっかり学ぶには、それなりに初期投資が必要とも言えます。

④ どんなことができれば仕事になるの?

A. デザインソフトを使ってページを一通り組み上げることができれば、とりあえずOK!
WEBデザインの仕事は、ソフトを使って、普段みなさんが見るようなWEBサイトの体裁を組み上げて行くというものです。(すごく簡単な言い方をしていますが)
作業のイメージとしては、ビジネスマンがよく使う「パワーポイント」でスライドを作成する時のことを想像してもらうとわかりやすいかと思います。
「青のテキストボックスはここに置いて、文字は見やすいように白の太字にしよう」などと考えながら資料を作りますが、デザインソフトで行う作業は、その延長線上にあります。
操作が独特だったりするので「難しい」と言われますが、根本は似ています。
そう、意外といけちゃうものです!!!しかも、パワポより1000倍楽しいですよ。

WEBデザイナーってどんな仕事?

続いて、以下を説明して行きます。

 デザイナーって、給料はどうなの?
 どういう仕事からスタートするの?
 WEBデザイナーって、将来性はどうなの?

ここからは、デザイナーの仕事をリアルに説明していきますので、興味のある方は続けてどうぞ!!(赤裸々に語ります)

⑤ デザイナーって、給料はどうなの?

A. これは人によります。バラバラです。(適当ではなく)
あくまで私の肌感覚ですが、以下が参考です。
未経験の状態で見習いとして入社するなら、年齢を問わず月給20万を切ることも多いのではないでしょうか。また、経験年数に関係なく入社1年で月給30万を超えるケースもあるでしょう。
それは、スキルと給与体系の双方が基準になります。

私の場合は、未経験で入った制作会社で約1年半働きましたが、見習いのような立場で月給19〜21万のレンジでした(当時25歳)。一般的な相場か、もしくは恵まれていた方ですね。
そして、その後フリーランスに転身して、収入は数倍になりました。
その理由は2点で、「収入が『給料』という固定の形ではない」ということ、そして「自分の頑張り次第で仕事の量が決まる」ということです。

シンプルですが、自分で決めてやり切る!という馬力を発揮すれば、意外と現実的です。
そのまま制作会社にいれば、スキルも経験値もどんどん伸びたと思います。しかし、収入という面では、10年勤めても上がり幅に期待はできなかったようにも思います。働き方、収入、経験値、キャリアプラン、仕事は様々な側面で考えて行く必要がありますね…。
私の話はあくまで一例ですが、「変動があるもの」ということだけ参考にしていただければと思います。

⑥ どういう仕事からスタートするの?

A. ボタンやアイコンの作成、場合によってはバナーや簡単な1ページを丸ごと作成。
このページで言うと、記事下のシェアボタンがそれらに当たります。
これは、先述の「パワポのような作業」で作っていきます。入る会社、教えてくれる先輩、チームのメンバーによりますが、いきなりドカッと任されるパターンもあるでしょう。(私はそうでした)
例えば、企業のホームページの中の1ページを作ってみて!と言われるパターン。比較的簡単なページを渡されているはずです。「他のページはもう出来てるから、色味とかはそれ見て参考にしてね☆」みたいなメッセージだったりもします。
ただ、最初からサイト丸々任されるなんてことは恐らく無いでしょうし、補佐のような立場で「初めはみんな初心者だ」と開き直りながら、徐々に前に進んで行く感じです。

⑦ WEBデザイナーって、将来性はどうなの?

A. AIなど自動化の流れも間も無く来ると思いますが、人が手作業でデザインを行う流れが無くなるということはまだまだありません。
また収入に関しては、先述のように、自分次第でいろんな可能性があります!
フリーランスでも十分仕事を続けていける職種なので、働き方の選択肢を広げられるとも言えます!!

まとめ:今すぐスタートを切るのみ!!

二言でまとめます。

「まずはデザインツールが使えればOK!意外とハードルは高くない。」
「気持ちがあるなら、とりあえず何かやってみる!」

長々と書きましたが、この2つです。
誤解を恐れず言いましたが、決してデザインの仕事を舐めているわけではありません。
むしろ、やればやるほど理想と現実のギャップに苦しむばかりです…。
それでも、日々デザインのことを考えて勉強していく毎日は、何より楽しいです。
仕事なのか趣味なのか。働いているのか、遊んでいるのか。境界はどんどんなくなっていきます。

かっこいいものが好き!お洒落なものが好き!綺麗なものが好き!物を作るのが好き!自分の手で何かを作るのが好き!デザインが好き!
こういう人はたくさんいると思います。

「でも、それは好きなことであって仕事にはできない(やってみたいけど)」
と思っている人も、同様にたくさんいると思います。

私はそうでした。
しかし、そんな私でも(まだまだヘッポコですが)今はデザイナーとして少しずつ前に進んでいます。
「失敗したら後戻りしよう〜」と楽観的になり、まずは行動を起こせたことが今に繋がっています。

なので、これを読んでくださったあなた。
少しでも気持ちがあるなら考えすぎず、どんな小さなアクションだとしても、行動に移すことをオススメします!!!
考えるのはそれからでも遅くありません。

  • Adobeのソフトっていくらするんだろう?とか
  • 学校ってどんなとこがあるんだろう?とか
  • まずは本でも見てみようかな!!とか

簡単ですが、少しだけ参考を貼っつけておきました。
繰り返しになりますが。
すぐアクション!!これに尽きます!!一緒に頑張りましょう!!




  1. […] 考にどうぞ。 →未経験からWEBデザイナーになるには?まずは〇〇をマスターするだけでOK?! […]

  2. […] 参考にどうぞ。 →未経験からWEBデザイナーになるには?まずは〇〇をマスターするだけでOK?! […]

  3. […] 参考にどうぞ。 →未経験からWEBデザイナーになるには?まずは〇〇をマスターするだけでOK?! […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ記事

プロフィール画像
 
SHINOBU

フリーランスのWEBデザイナー兼フロントエンドエンジニア。イラストレーター。
新卒は某ベンチャー営業職→半年間WEBを勉強→WEB制作会社入社→フリーランス転身。現在はIT大手のクリエイティブチームに所属しながら、プロジェクト単位で複数チームに参加。
4大卒で、デザインの勉強は25歳から。美大でもない、経験もない。そこから2年後フリーランスとしてスタートするまでのこと、そしてフリーになってからの色々なことを記録していきます。