SHINOBLOG

WEBデザイナーを目指す人向けブログ

勉強法

【初級者必見】おすすめ参考書6選!Photoshopの勉強はこの本だけでOK

投稿日:2018年9月5日 更新日:


  • Photoshopの勉強を始めたい。でも本の種類が多すぎてどれがいいかわからない…
  • Photoshopって難しそう。わかりやすい参考書を教えて…

ご紹介する参考書はどれも王道で、これれさえやればひとまずOKというものばかりです。
まずは、試しにどれか1冊やってみることをおすすめします。

<本記事の内容>
  • Photoshop勉強本のおすすめ6選

では、早速見ていきましょう!!

Photoshop勉強本のおすすめ6選

Photoshopを勉強する際におすすめの参考書を、レベル別でご紹介します。
レベルは初級編中級編上級編です。

初級編:これからPhotoshopの勉強を始める!

1.『これからはじめるPhotoshopの本』

これは、色々なサイトでも紹介されていて、初心者の方向けの定番教科書かもしれません。図解もわかりやすく、細かな説明が載っているので、本当に基礎の部分からしっかり学習できます。
Adobe社のPhotoshopはデザインツールの中で最もメジャーなものなので、まずはこの本で基礎をしっかり習得することをおすすめします
発売:2017年2月

2.『世界一わかりやすいPhotoshop 操作とデザインの教科書』

タイトルの通り確かにわかりやすいです。とにかく見やすさという点でかなり人気があるのだと思います。画面キャプチャと一緒に、ツールの使い方を1から丁寧に説明していくれているので、この1冊を読み切ればPhotoshopの基本操作は網羅できます
発売:2017年2月

まずは初級編ということで、Photoshopの操作方法を学べる参考書をご紹介しました。
正直、どの本も見やすく読みやすい工夫がされているため、有名どころの本を選べばハズレはないと思います。
内容に大差がない場合、なんとなくの好みで選んでしまっても良いかもしれません

中級編:Photoshopにもかなり慣れてきた!

3.『Photoshop 10年使える逆引き手帖』

有名な書籍なので、私の周りでも使っている人がけっこう居ました。とにかくカバーしている範囲が広いため、困った時にこの本で調べれば大抵のことは載っています。Photoshopは定期的にバージョンアップが行われ、その度にできることも少しずつ増えますが、本当に基本的な操作が変わることはほとんどありません。「10年使える」というタイトル通り、古すぎて使えなくなるということはないでしょうから、安心して読める1冊です。
発売:2018年6月

4.『Photoshop逆引きデザイン事典』

こちらも辞典形式の参考書で、知名度も高いです。章立てが細かく、機能の説明も順を追って見やすく説明してくれています。
発売:2017年3月

中級編はこれらの2冊です。
Photoshopは、慣れてきても「知らなかった!!」という機能が突然出てきたりします…。それだけ、できることが多いソフトということですね。少しPhotoshopに慣れてきた中級者さんだからこそ、「あれ?どうやるんだっけ?」がたくさん出てきます。そんな時、辞書形式で調べられる本を1冊持っておくとすごく便利です。

上級編:難しいのちょうだい。

5.『Photoshop レタッチ&合成の秘訣』

名前の通りレタッチと合成のチュートリアル本で、レタッチの学習において最高の1冊と評される参考書です。Photoshopの真髄である画像加工の機能は、この本を一通り試せばある程度理解できるはずです。
レタッチャーにとってはドンピシャの本であり、WEBデザイナーにとっては、ふとしたタイミングで役に立つハイレベルな機能が集まった参考書と言えます。
発売:2016年8月

6.『Webデザインの現場ですぐに役立つ Photoshop仕事術』

こちらはWEBデザイナーにドンピシャの本です。実際のデザインワークにおいて、Photoshop>Illustratorという比重で作業を行う人にとっては、すごく役立つ内容が載っています。ただしコーディングの話も出てくるので、わからない人は少し嫌悪感を覚えるかもしれませんが、「そうなんだ」程度に言われた通りの操作を行えば特に問題はありません。Bootstrapなどフレームワークの勉強も少しかじりたいという人には、より一層オススメかもしれません。
Photoshopの参考書は、操作方法のレクチャー本が多い中、こちらはWEBデザインの実践を意識した内容で構成されているため、「これが欲しかった!」という読者の方も多いと思います。
発売:2015年3月

上級編は以上の2冊です。
基本操作は難なくこなせる上級者さんだからこそ、Photoshopで出来る技を増やしていきたいところだと思います。仕事で使える実践技を学べるのはもちろん、こういった本を読んでいると、普段自分が使わないような機能に出会えたりするので良い刺激になります。

Photoshopは正直難しいですが、その分、参考書の説明は丁寧に書かれています。

ある程度出来るようになると、ほんとに楽しいです。
一つ一つゆっくりで良いと思うので、ぜひ熱が高まっている今から少しずつ勉強を進めてみてください!




  1. […] 関連記事 【初級者必見】おすすめ参考書6選!Photoshopの勉強はこの本だけでOK (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); […]

  2. […] 関連記事 WEBデザイナーになるには?効果的な勉強方法を解説(準備中) 【初級者必見】おすすめ参考書6選!Photoshopの勉強はこの本だけでOK (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); […]

  3. […] さらに詳しく知りたい方はこちら →【初級者必見】おすすめ参考書6選!Photoshopの勉強はこの本だけでOK>>> […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ記事

プロフィール画像
 
SHINOBU

フリーランスのWEBデザイナー兼フロントエンドエンジニア。イラストレーター。
新卒は某ベンチャー営業職→半年間WEBを勉強→WEB制作会社入社→フリーランス転身。現在はIT大手のクリエイティブチームに所属しながら、プロジェクト単位で複数チームに参加。
4大卒で、デザインの勉強は25歳から。美大でもない、経験もない。そこから2年後フリーランスとしてスタートするまでのこと、そしてフリーになってからの色々なことを記録していきます。